2006年08月01日

au by KDDI

そういえば今日(既に昨日)、T氏とZ氏と昼飯を食べに桜水産へ行った。
14時になったところで、店じまいするから早く出てくれと言われた。
 
そんな事はさておき、帰りにau shop に寄ってみた。
T氏はそこで店員さんに「auって何の略ですか?」と聞いたところ、
「アスク・フォー・ユーです」、だそうだ。
文法的に可笑しいぜ、と思いつつ、まぁ店員さんがそう言うのなら、と。
 
で、今さっき何気にネットサーフィンしてたら・・・
「access to you(u) が語源」とかって書いてある。
さぁ、どっちが正しいんだ??
勢いに乗って更に調べると・・・
「KDDIのブランド名のAUが「会う」から来ているってご存じでした?」と。
おいおい・・・もうどれが正しいとか、どうでも良くなってきたw
 
因みにKDDIは「株式会社DDI」の略、
DDIはDaini Denden Incorporate(第二電電株式会社)の略だそうだ。
それ以上を調べるのはさすがにやめたw
 
気になる方は各自でお調べください・・・ 



posted by memento mori at 00:36| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ahahah!!!そうなんだ?考えたこともなかった!!!72へぇ☆
ask for you..うん、確かに変。access to youならまだ分かるかもしれないですね。とりあえず、店員さん、AUで働いているなら、ちゃんとした語源ぐらい…と、いう感じですね。
Posted by yumi at 2006年08月02日 11:26
access to you は前に au の CM で使ってたような。

由来ではないかもだけどね。Just FYI.
Posted by S氏 at 2006年08月02日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

KDDI
Excerpt: KDDIKDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英称: ''KDDI CORPORATION'')は、日本の大手電気通信事業者である。元来は逓信省・電電公社の流れを汲んでおり、日本電信電話|NTTから..
Weblog: ブロードバンド・通信について
Tracked: 2006-08-03 20:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。